NBAとは

沿革

現在日本国内のビリヤードスポーツを統括する組織が、公益社団法人日本ビリヤード協会(以下略称NBA)です。その前身は、大正15年(1926)年発足の日本撞球協会を、昭和26(1951)年設立の日本ビリヤード協会を経て、平成2(1990)年設立の社団法人日本ビリヤード協会です。
NBAは昭和39(1964)年に世界ビリヤード連合(以下略称UMB)に加盟し昭和44(1969)年にはアジアで初めて「世界スリークッション選手権大会」を開催しました。この後、国内のポケットビリヤードブームにより、NBAの役割が更に重要となり、法人組織化への運動が始まります。
その後、昭和62(1987)年には「世界スリークッション・ワールドグランプリ」を東京で開催するなど内外へのアピールを推進し、任意団体であった日本ビリヤード協会は、ついに平成2(1990)年10月に当時文部省(現文部科学省)より社団法人の認可承認を得ることができました。これにより、ビリヤードがスポーツとして公に認められることとなりました。
スポーツ法人化と同時に、三笠宮寛仁親王殿下を総裁に戴き、現在では国内のポケット、キャロム、スヌーカー(総称キュースポーツ)の各ビリヤード団体が全て加盟し、文字どおり日本のビリヤード・スポーツの統括組織として様々な活動を行っています。
平成8年(1996)年には世界ビリヤードスポーツ連合(以下略称WCBS)が国際オリンピック委員会(以下略称IOC)より、オリンピックファミリーとして認められ、平成9(1997)年秋には日本オリンピック委員会(以下略称JOC)の承認団体となり、平成10(1998)年開催のアジア競技大会にはビリヤードが正式種目として採用され、我が国も日の丸を背負う日本代表を選抜し参加しました。ここで金メダル1個、銀メダル2個、銅メダル2個という好成績を収め、JOCからも高い評価をいただきました。以降の国際大会にも多数参加し、ビリヤード・スポーツのグローバル化に対応するために、NBAの役割が益々重要となっております。
平成17(2005)年にJOCの準加盟団体となり、オリンピック正式種目採用を目標にメジャー化推進のために組織強化に取り組み始めます。以降は加盟順に公益社団法人日本レクリエーション協会(以下略称日本レク協)、NPO法人日本ワールドゲームス協会、公益財団法人日本アンチドーピング機構、公益社団法人日本オリンピック委員会、一般社団法人日本スポーツフェアネス推進機構に加盟しており、競技スポーツ・生涯スポーツ両分野において着実な前進が求められています。NBAは社会的なスポーツ団体として進化・発展の道を歩んでまいります。

NBAの事業内容

〈競技スポーツ〉

現在、国内では数多くの競技会が開催されています。そして室内競技であるが故に、世界的にもオフシーズンが見当たらないほど、各国で国際大会が開催されています。その中でNBAでは国内及び海外における各種競技大会への選手派遣を積極的に推進しています。また平成9(1997)年より、選手登録制度を施行し、競技水準の向上を図り、健全な選手育成に努めています。
(1)「アジア競技大会」、「ワールドゲームス」における日本代表選手の選考、強化事業、大会派遣。
(2)各種目における「世界選手権」の開催並びに選手派遣。
(3)国内各種目における「全日本選手権」の開催及び主催競技会における主管団体に対する助成。
(4)選手登録制度(Cue Sports Card、略称CSカード)による競技の普及、競技水準の向上、選手の強化育成。
(5)アマチュア選手の段位認定による選手層の拡大、競技水準の向上。

〈生涯スポーツ〉

スポーツとしてのビリヤードの特性は、幅広い年齢層に対して、健全なる心身の発育保全に多大な貢献ができ得るものとの見地から、生涯スポーツとしての競技の普及や助成活動を行っています。
(1) 幅広い年齢層に対する普及を目的とした助成。
(2) JOCジュニアオリンピックカップ(全日本ジュニアナインボール選手権)の開催。
(3) 全日本学校対抗選手権の開催。
(4) シルバー(高齢者対象)・ビリヤード教室の開催。
(5) 各地公共施設へのビリヤードテーブルの提供、無償貸与。

関西支部(滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県)圏内にお住まいで
公式戦(本戦・予選)に出場申し込みされる選手の皆様へ

現在、競技会を主催主管するNBAに加盟している競技団体(NBA・JPBA・JPBF・JAPAなど)並びに関西(滋賀、京都、兵庫、奈良、和歌山)府県協会・府(大阪)組合が執行する公式戦(本戦・予選)に出場を申し込むには、府県協会・府組合登録(加盟)店の所属選手であることが必要す。

したがって、CSカードに登録し、有効期限内であっても当支部登録(加盟)店以外の選手からの出場申し込みを受け付けることはできません。他の支部から転入して来られた選手の方、閉店等の理由で所属店を変更される選手の方は、本ホームページ内に掲載の「登録店舗一覧」にてご確認ください。また、当支部加盟府県協会・府県組合各事務局でもご案内させていただきますので、お問い合わせください。
これは、平成9(1997)年にNBA執行事業の選手登録(CSカード)制度施行開始前に、当支部からNBA本部に、“関西支部圏内における公式戦の出場は、当支部登録(加盟)店所属選手であり且つ当該公式戦開催時点においてCSカードの有効期限内であることを要件とすることを登録業務の移管条件とし、緩和や譲歩の余地は一切ない”旨を申し入れ、NBA本部が受諾したことによるものです。この主旨は、当支部登録(加盟)店舗と以外の店舗及び選手間の公平性を担保するという見地に立脚したものです。

本制度開始以来、登録(加盟)店所属選手を装ったり、あってはならにことですが主管側が出場料収入獲得を動機として登録(加盟)店以外の選手の出場を容認・黙認・口利きしたりと、きちんと登録・更新して出場いただいている選手との公平性を侵害する事案や行為が散見され、度々問題となりました。当支部としても看過容認することはできず、当支部理事会(CS委員会)決議に基づき、当該店舗代表宛てへの「抗議文」送付や競技会場への現場視察、並びに不正出場疑義情報の収集等を実施してまいりました。今後も注視を継続してまいります。

また、CSカードの有効期限到来時点での更新未済選手も出場申し込みはできません。紙媒体登録形態が廃止となった現在、試合会場での登録申請や更新手続きは行っておりませんので、選手各位におかれましては事前の登録手続き及び更新手続きをお済ませのうえ、出場申し込みくださいますようお願い申し上げます。尚、カードの有効期限が全件3月末日となり、更新開始時期が有効期限到来間近の3月下旬となっている現状に鑑み、4月中開催の公式戦の出場については、競技会場での主管担当者への更新完了を裏付けるスマートフォンなどの端末機器による“決済”画面の提示をお願いしており出場申し込み時点での当支部管理者による事前確認を一部割愛しておりますことをお伝えしておきます。いずれに致しましても、選手間や店舗間の不公平性や不正を看過容認することなく、円滑な選手登録制度の運用に努めてまいる所存です。

皆様のご理解、ご協力を切にお願い申し上げます。